ケーブル加工から配線、アッセブリーまでを一貫生産を行えます。

大量生産が海外で行われている中で、多品種小ロットに対応した組み立てを行っておます。

家電製品、産業機械等のコントロールボックスの組み立てでは、当社の得意とするケーブル加工と組み合わせアッセンブリーだけではない一貫生産を目指しております。

このためにも配線部分のハンダ接合での技術向上にも努めています。

当社が特化しております家電製品の「パット印刷」では 精巧な手法も行っています。

 

当社のストロングポイント

切断部門ではあらゆる長さに電線、ケーブルの切断対応が可能です。

コンタクトの圧着作業では、正確と迅速さをも常に追求しています。

さらに、品質保証グループで正確な検査(目視、導通)を全数行うことで製品保証の構築に成功しています。

現在では、あらゆるハーネスを束ねる作業から、産業機器のコントロールボックスまで手がけています。とくに精度が要求されるハンダ部門では熟練作業が従事し製品の精度もよく取引先より高い評価をいただいております。

特殊である「パット印刷」にも傾注し、パーツから最終製品までの一貫生産を目指して技術の高いマンパワーを目指します。